まずは借入先選びから

金融機関からお金を借りる際にまず考えることはどこから借りるかどこなら借りられるのか
銀行・消費者金融など借りられる金融機関は収入の有無や個人・法人でも違います。

 

申込み資格がないとは知らずに申込んでしまっては、通る審査も通りません。
まずは自分がどのローン会社に申し込めるのかを知っておく必要があります。

 

個人の借入

自分に収入があるかどうかで変わってきます。

 

正社員・契約社員・派遣社員やアルバイト・パートなど、雇用形態に関わらず収入があれば銀行のカードローンでも消費者金融でも借りられます。

 

収入がない専業主婦でも、配偶者に安定収入があればOK。
借りられる金融機関は銀行銀行カードローンのみになりますが、借入可能です。

 

法人の借入

通常の銀行カードローンは事業資金には利用できないことになっているので利用できません。
例え小額でも事業のために利用するのであれば、カードローンではなくビジネスローンとなります。

 

法人の融資はいくつかありますが、申し込みが手軽でもっとも早く借りられるのはビジネスローンです。

あなたにピッタリの借入先がみつかる需要別ランキング

安心で選ぶ!銀行運用のカードローンno1

3大メガバンクの1つでCMでもお馴染みの三井住友銀行カードローンなら知名度も高く、多くの方が利用しています。
融資額が800万円(※1)とも高く即日審査・即日融資も可能です。
銀行運営のカードローンは総量規制対象外という点でも人気があります。
お申込み時には三井住友銀行の口座がなくても借りられます。

 三井住友銀行カードローン

 

1位 銀行運営 1位  三井住友銀行カードローン  …800万円
2位 銀行運営 2位  みずほ銀行カードローン  …1,000万円
3位 銀行運営 3位  三菱東京UFJ銀行カードローン  …500万円
(主婦は30万円以内・学生は10万円以内)
ランキング比較詳細  銀行運用のカードローン ランキングを見る

スピードで選ぶNo1

三菱東京UFJ銀行カードローンは口座を開設しなくても利用することができるので手続きに時間がかかることはありません。
インターネットや携帯電話からの申込は24時間365日受付ているので忙しい方でも空いた時間に申込手続きをすることができます。
三菱東京UFJ銀行カードローンにはテレビ窓口が設けられており、その場でカード発行が可能なのですぐにお金が必要なときに嬉しいですね。

 三菱東京UFJ銀行カードローン

 

1位 審査・融資スピード 1位  三菱東京UFJ銀行カードローン  …最短即日
2位 審査・融資スピード 2位  三井住友銀行カードローン  …最短即日
3位 審査・融資スピード 3位  プロミス  …最短30分 最短即日
(※平日14時までにWEB契約完了が必要)
ランキング比較詳細  審査・融資スピード別比較ランキングを見る

低金利で選ぶNo1

金利を安くおさえたいという方におすすめなのが、イオン銀行カードローン。小額借入でも金利が13%台で借りる事が可能。
口座が必要になるので、口座がある方にはおすすめです!

 イオン銀行カードローン BIG

 

1位 実質年利 1位  イオン銀行カードローン BIG  …3.8%〜13.8%
2位 実質年利 2位  みずほ銀行カードローン エグゼクティブプラン  …3.5%〜7.0%(※)
2位 実質年利 3位  静岡銀行カードローン セレカ  …4.0%〜14.5%
ランキング比較詳細  借り入れ金利別比較ランキングを見る

(※)住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。
エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用の金利です。
融資限度額で選ぶNo1

最高1,000万円と、ほかの他社に比べると圧倒的に高いのがみずほ銀行カードローン。
大きい金額は安心できる銀行から借りたいという方におすすめです。

 みずほ銀行カードローン

 

1位 融資限度額 1位  みずほ銀行カードローン  …最高1,000万円
2位 融資限度額 2位  イオン銀行カードローン BIG  …800万円
3位 融資限度額 3位  モビット  …800万円
ランキング比較詳細  融資限度額別比較ランキングを見る

借入とは

 

金融機関からお金を借りること

通常は金融機関や貸金業者などからの借金を意味します。
借入の種類によって特徴もありますし、利用用途なども異なります。
たとえば銀行や信用金庫、消費者金融や信販会社などの貸金業者などからの借金が借入の具体例になります。

 

個人の借入

個人が貸金業者や金融機関などから借金をすることです。
たとえば消費者金融のキャッシングや銀行カードローンなどは、個人の借入の一種になります。

 

個人借入のローンの種類
目的ローン(住宅ローン・リフォームローン・マイカーローン・教育ローン)

何らかの目的をもって借入をする場合のローンです。
住宅を購入する費用に充てるための住宅ローン、住宅などをリフォームする費用に充てるためのリフォームローン、自動車を購入する費用に充てるためのマイカーローン、
子どもの教育資金に充てるための教育ローンなどがあります。
目的毎に商品が分かれており他の用途には使えませんが、その分金利が低く設定されています。
予め金融機関に見積書や納付書などの金額がわかるものを提出しなければいけません。

 

多目的ローン(フリーローン)

特に目的が限定されていないローンのことです。
フリーローンとも呼ばれます。
目的ローンとは違い使用用途は自由ですが、こちらも見積書の提出が必要です。
一度借りたら返済のみとなり、追加の借入はできません。

 

カードローン

カードローンとは、銀行や貸金業者が発行するカードを利用するローンのことです。
予め決まっている貸出枠の範囲内で、ATMを使ってお金を借り入れたり返済することが可能な無担保融資です。
事業のために使う資金に借りることは認められませんが、それ以外なら使用用途は自由です。

 

法人の借入

法人の借入とは、法人が銀行や公庫などの金融機関などから借入をすることです。
たとえば起業資金や運転資金、設備資金や設備投資などの費用のために法人が借入を利用することが多いです。
法人借入の場合、借入金額が個人借入よりも多額になることが一般的です。

 

法人の借入の種類
ビジネスローン

主に中小の法人や個人事業者向けのローンのことです。
銀行などの金融機関の他、信販会社などの貸金業者などが取り扱っています。

 

不動産担保貸付

不動産を担保にした借金のことです。
不動産担保貸付を利用する場合には、法人はその所有する土地などの不動産を抵当に入れることになります。
銀行や貸金業者が取り扱っています。

 

手形貸し付け

法人が手形を発行して、その発行した手形を担保にして融資を受ける方法です。
手形貸付を利用する場合には、ある程度の信用力が必要になります。

 

証書貸付

借金する場合に「金銭消費貸借契約書」を作成して借入をするタイプの貸付のことです。
主に長期資金を借り入れる場合に利用されます。
契約書には、借入金額や金利、借入期間や返済方法などを記入します。
連帯保証人が必要になることが普通です。

 

手形割引

満期が到来する前の手形を第三者へ譲渡して、満期日までの利息分の金額や手数料を差し引いて現金化することです。
手元資金がなく手形しか無い場合に、すぐに現金資金が必要な場合などに利用されます。

 

ファクタリング

法人が所有する売掛金などの債権を債権回収会社(ファクタリング会社)に債権譲渡してその分の支払いを受けることにより、債権を早期に確実に現金化する方法のことです。
この場合、ファクタリング会社に対しては手数料を支払うことになります。

 

銀行からの借入

特徴
  • 比較的審査が厳格な点や、サービス内容が多彩である
  • 金利が比較的安かったり、総量規制対象外なので借入が利用しやすい

 

メリット
  • 比較的金利が安い
  • 信用が高いこと、総量規制対象外で専業主婦の借入も可能(配偶者に安定収入が必要)
  • 商品が多彩で融資の金額が大きい

 

デメリット
  • 商品により審査が厳しく時間がかかる
  • 借入時に自行普通預金口座を有するなど、条件があることがある
  • 過去に消費者金融などの利用履歴があると審査に通りにくい

 

都市銀行と地方銀行の違い

まずは資金量の多さです。
都市銀行の資金量は圧倒的であり、都市銀行全体の資金量は全金融機関の4分の1にも達します。

 

都市銀行は大企業などを主な取引先にしていますが、地方銀行は中小企業や個人などを主な取引先にしています。
さらに、営業地域についても、都市銀行は全国展開していますが、地方銀行は特定の地域に集中して営業しています。

 

消費者金融(ノンバンク)からの借入

特徴
  • 消費者金融(ノンバンク)の特徴は、無担保無保証などの融資が多い
  • 総量規制対象になりますので多額の融資を受けることは難しい

 

メリット
  • 無担保無保証の融資が多く、気軽に利用しやすい
  • 無利息期間や無人契約機など銀行には少ないサービスも多い
  • 支払が少し遅れても待ってもらえることもある
  • 借入金額も少額から利用出来るので、手軽に利用できる

 

デメリット
  • 消費者金融のデメリットは、金利が高い
  • 返済が遅れると電話やハガキなどで督促が行われる

 

公的融資からの借入

特徴

政府系金融機関による融資と地方自治体による融資など政府や行政が主体となるので信用性の高い

 

メリット
  • 借入先が行政なので安心感がある
  • 無担保無保証融資などがあって利用しやすい
  • 民間銀行などの金融機関と比べて審査が比較的通過しやすい
  • 金利の安いサービスがある

 

デメリット
  • 申込みに必要な書類などが膨大になり、手続に手間がかかる
  • 審査自体に時間が長くかかりがち
 

関連サイト

キャッシング審査KS8|審査通過を目指す!おすすめ借入ランキング

キャッシングの審査に通過するためのポイントを紹介しています。
知っていれば審査落ちしなかったかもしれないのに…というような事がない様、申込み前に要チェックです!
サイト名:キャッシング審査KS8|審査通過を目指す!おすすめ借入ランキング
URL:http://www.ssehvusa.org/


このページの先頭へ戻る